徐々に生活のパターンを変える │ 脳無しの呟き《土鍋と麦酒と炬燵猫》 ばかもの、そのスカーフはあげさんに巻いてあげるのだ。わたしなぞ、夏には日差しが当たる窓辺なのでわたしの麦わら帽子をかぶってもらったり、冬には寒そうな窓辺なので亡くなってから買った乳児用の肩掛けを掛けてもらっておるぞ。 from Micro.Blog