About

流浪の民によるひとりごと。「握ったこぶしは誰かの幸せ守るため」「友よ一緒に腕を組めそしてあしたの戦いへ」